私たちのからだは、
どのように作られ、維持され、老化するのか?
イメージングとモデル動物で迫る未知の生体統御システム

What's New 一覧へ

2021年4月
新人として、理学部4回生の三宅さんと高落さん、理学研究科M1 の西田さん、Duくん、学振PD研究員の青木さん(from 九大)、技術補佐員の神原さんが参加しました。よろしくお願いします!


本年度より、学振DC2としてZouくん、学振PDとして青木さん、阿部さんが採用され、すでに学振DC2だった小神野君に加えて学振研究員が4名になりました。みなさん素晴らしいし、採用していただきありがとうございます!みんな期待に応えるためにも頑張りましょう!


荻沼助教が新学術シンギュラリティの公募研究に採択されました!

2021年3月
4回生の山道さんと松本さんが理学部を卒業されました。おめでとうございます!引き続きよろしくお願いします。

また、卒業式で松本さんが大阪大学理学部賞と大阪大学理学部日本EGF協会奨励賞を受賞されました。素晴らしいですね。


石谷が第85回日本循環器学会学術集会@横浜 Meet the Expertセッションにて小型魚類を用いた疾患・老化研究について講演させていただきました。

2021年2月
当研究室の荻沼助教がJST創発的研究支援事業に採択されました。素晴らしい!


理学部4回生の松本さんと山道さんが卒論発表しました。お疲れ様でした!!

松本さんは全体2位の成績を収められました。おめでとう。山道さんの発表も堂々として素晴らしかったです。

 

2021年1月
1/14, 15にWnt研究会に参加しました。当研究室の荻沼さんが世話人を担当し、荻沼さん、龝枝さん、ZouさんがWnt研究に関する発表をしました。

 


阿部特任研究員が日本学術振興会特別研究員PDに、大学院生のZouくんが日本学術振興会特別研究員DC2に採用内定しました!素晴らしい!


石谷が鹿児島大学医学部にてzoomセミナーをさせていただきました。


当研究室の石谷閑特任助教が参加した、国立成育医療研究センター、浜松医大、慶應大学などとの共同研究論文Journal of Human Geneticsにアクセプトされました!

2020年12月
12月2日に分子生物学会年会シンポジウム「細胞競合による生体制御とがん (1AS-04)」にて、石谷が講演しました。


12月3日に分子生物学会年会キャリアパス 企画ランチタイムセミナー「海外へGO」にて石谷が登壇しました。


12月4日に分子生物学会年会ワークショップ「3PW-04 不老不死は可能か?多種多様な生物から迫る個体老化機構」を、石谷が熊本大学三浦恭子先生とともにオーガナイズしました。当研究室からは阿部さんがキリフィッシュを用いた老化研究について発表しました。190名以上のご参加をいただき、大変盛況でした!有り難うございました!!


当研究室の大学院生の阿部さん荻沼助教、石谷閑特任助教が参加した、米国アーカンサス大学、慶應大学との共同研究論文Genetics in Medicineにアクセプトされました! AMEDirudプロジェクトにおける「ゼブラフィッシュを活用したヒト希少疾患の迅速な診断」の研究になります。

九大の杉山先生との共著論文がGenes to Cells誌に、大分大学の花田先生との共著論文がBBRC誌にpublishされました。


12/23 全能性プログラム・配偶子インテグリティ合同領域会議(Web)にて、全能性新メンバーとして自己紹介セミナーをさせていただきます。


12/24 15:00より金沢大学の戸田先生にzoomセミナーをしていただきます!合成生物学的アプローチによる「人工モルフォゲン」の研究についてご講演いただけます!是非奮ってご参加ください!

2020年11月
第26回小型魚類研究会(zoom開催)にて、博士課程2年のZouさん(自然免疫シグナルと初期発生機構の研究)と原岡さん(がんの初期発生における細胞老化の機能と制御の研究)が口頭発表されました。


 

11月24日にAMED/BINDSセミナーで石谷が創薬研究の講演を行います。


11月27日にAMED/J-RDMMモデル生物プロジェクト班会議にて「小型魚類とin vitro解析を用いた患者変異の意義の解析」について口頭発表します。

 

2020年10月
石谷が執筆編集した月刊「細胞」2020年 10月号「モデル生物による老化研究 Model organisms accelerate aging research」が刊行されました! 阿部研究員によるキリフィッシュ 総説も掲載されていますし、ハダカデバネズミからハエ、線虫まで多様なモデル生物を用いた老化研究を紹介しております!!


九州大学医学部小児科(酒井先生ら)との共同研究論文がThe FASEB Journalに、九州大学先端融合医療創成センター(杉山先生ら)との共同研究論文がGenes to Cell誌にアクセプトされました。


慶應大学と共同で行った「ゼブラフィッシュを活用したヒト希少疾患の迅速な診断」の成果が10/16にScientific Reportsにpublishされました。

2020年9月
当研究室の大学院生の阿部さん荻沼助教、石谷閑特任助教が参加した、慶應大学小崎先生、上原先生との共同研究論文Scientific Reportsにアクセプトされました! AMEDirudプロジェクトにおける「ゼブラフィッシュを活用したヒト希少疾患の迅速な診断」の研究になります。


阪大医学部医学科の田中さん、岡さん、藤澤さんが、3ヶ月弱、石谷研究室にて基礎配属実習されます。宜しくお願いします!


新たな技術補佐員として、中山 梨紗さんが参加されました。宜しくお願いします!!


北海道大学築山先生との共同研究論文Nature Communications)がpublishされました。

2020年8月
当研究室の大学院生のZouくん、小神野君が参加した、北海道大学築山先生との共同研究論文Nature Communicationsにアクセプトされました!
2020年7月
2021年度 大学院生募集の募集が始まりました!

大阪大学大学院理学研究科

大阪大学大学院医学系研究科 修士

大阪大学大学院医学系研究科 博士

大阪大学大学院生命機能研究科

興味を持たれた学生さんは石谷(ishitani[atmark]biken.osaka-u.ac.jp)までご遠慮なくコンタクトしてください!

7月以降の研究室見学も歓迎します。方法や時期は石谷にご相談ください。


荻沼政之 助教が着任しました! Welcome!!


石谷が日本炎症再生医学会シンポジウムで講演させていただきました(zoomを使ったweb講演)。

PAGETOP